マルタとアメリカで違う?デートで奢るってことの意味あい

イタリアに住んでいるカナダ人男性と、

イタリア人のプレイボーイさについて、話していたとき。

 

彼は、「イタリア人は、手が早いけど、別にいやらしくない」っていう言い方を、したの。

デート代を奢るけど

デートをしたとき、大抵は男性がデート代を払うらしいんだけど、

そこには別に、イヤらしい意味合いはないんだって。

 

その女性と、じかんを楽しく過ごせたから。そして、これからも楽しいじかんを過ごしたいから。

または、女性自身を愛しているから。

だから、デート代を払ってくれるんだって。

 

彼曰く、アメリカだと、デート代を払うってことは、身体の関係を求めていて、

ちょっと強制的というか、イヤらしさがあるとか。

※あくまでも、彼個人の意見として受け取ってください。

 

日本でも、バーやクラブなどのナンパスポットだと、

ドリンクを奢ることは、ちょっとイヤらしい意味合いが含まれてるよね?

わたしの体験

彼の話を聞いて、これまでのイタリア人とのデートを振り返ってみたんだけど、

確かにイヤらしさは、なかったかも。

 

デートの後に「家に来ない?」って誘われたことは何度もあったけど、

断っても嫌な顔はされなかった。

 

「断られても、別に傷つかないよ。君のチョイス」って、

ちょっとユーモアを交えて言われたこともあった。

 

普通にサヨナラをしても、次のデートをしたし、

セックスだけが目的じゃない。って、感じがしたな。

 

セックスしたいから、誘ってみた。でも、相手の女性がその気じゃないなら、それはそれでオッケー。

っていうような、ニュアンスな気がしたの。

女性を愛する、イタリア人

イタリア人って、プレイボーイなイメージがあって、

セックス好き、女好きなのは確かなように思うんだけど、

 

でもそれはただ、彼らは、率直なだけなのかもね。

 

『女性を愛するイタリア人』ってことで、

それは1つの、興味深い文化だなって、思ってるの。

if you like this, please share
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA