マルタ人男性の、特徴って?マルタ人と、デートするなら

”マルタ人男性” と言われて、

どんな人を想像するかな?

 

全然イメージが沸かない人の方が、多いよね。

 

▼『マルタ人の特徴』については、こちらの記事を

あわせて読みたい
マルタ人って、どんな特徴?マルタ人の、見た目や中身。個人的な、意見でね マルタで生活して、約5ヶ月。   マルタって、日本から未知の国すぎて、いったいどんな人たちが住んでるんだろう?って疑問に思うよね。 もちろん人それぞれで違う...

 

今回の記事では、『デートのやり方』に絞って、記載するね。

デートは、奥手?

デートのやり方は、けっこう奥手かも?って思った。

 

今デートしているマルタ人男性は、本当に奥手で、

マッチングアプリでマッチングしてから2ヶ月目で、ようやくデート。(待ちきれず、わたしから誘っちゃった)

デートでは、ソーシャルディスタンスをキープ。

いまだに、「好きだよ」みたいな言葉を言われたことがない。(近しい言葉は届けてくれるんだけど)

 

ヨーロッパの男性って、

初デートでキスをする人も多いし、「好きだよ」みたいな言葉は平気でいうし、

 

日本人男性と比べて恋の進め方が、圧倒的に早いから、

最近はそういうスタイルに慣れちゃってたの。

 

でも、マルタ人男性は、けっこうスローテンポで、

ヨーロッパスタイルと日本スタイルの、間くらいなポジションかな?って、思った。

わたしのケースだけじゃなくて

マルタ人とデートをしたのは、彼が二人目だから、

「彼だけが奥手なの?」とも思ったんだけど、

 

マルタ人の彼氏を持つわたしの友達も、「奥手だ」って、言ってた。

 

デートに誘ったのも、キスをしたのも、家に誘ったのも、

全部彼女から。だったらしい。

 

「Chichiからリードした方が、いいよ」っていうアドバイスも、その友達からもらった。

マルタ人男性は、シャイ?

奥手なのは、たぶん、シャイだからかな。

 

わたしがデートしている彼は、すごくシャイ。

レストランで、トイレの場所を聞くのさえ、躊躇ってた。笑

 

人通りが多いと、手を繋ぐのとかも躊躇うし、

ストレートな言葉で愛情表現をするのも、苦手。

 

友達の彼も、シャイらしくて、

パブリックの場では、キスとかしてくれないみたい。(彼女からするみたいだけど♡)

ジェントルマン要素は、ある

ちょっと日本人っぽい?と思うところもあるけど、

ジェントルマンなところは、ヨーロッパっぽいな。って、思った。

 

車のドアは開けてくれるし、レストランではレディーファーストだし、

わたしのためにブランケットを頼むときは、全然シャイじゃない。

 

ジェントルマン要素が、自然に身についてるな。って、感じてる。

 

こういうところは、ヨーロッパ男性の素敵なところだよね。

ロマンチストでもある

そして、ロマンチックな面も、ちゃんと持ってる。

 

わたしの彼は、ストレートな表現の仕方はしないんだけど、

道端で咲いてる花をくれたり、大きな花束をくれたり、

女性が喜ぶことを、してくれる。

 

道端で見つけた黄色い花の写真を送ってきてくれて、「この花を見たら、君のことを思い出したんだ」みたいに、

ロマンチックなカタチで、愛情表現をしてくれたりもするの。

 

友達の場合は、付き合うときに、

素敵なレストランで、アクセサリーをプレゼントされたみたい。

マルタ人男性は、一途?

マルタ人男性は、一途。とも、聞いたことがある。

 

マルタって小さな国だから、悪いことをするともう、居心地が悪くなる。みたいなことも、もしかしたら関係しているかもしれないんだけど、

 

性格的にも、一途な印象があるなぁ。

 

別の友達から、「3回デートした後に家族に紹介された」っていう話を聞いたことがあるし、(それはちょっと、早すぎだけど。笑)

マルタ人男性は、デートに対してけっこうシリアスな印象がある。

マルタ人男性、けっこうアリ?

マルタに生活してても、マルタ人男性と出会う機会って、そんなにないんだよね。

イタリアとか、スウェーデンとか、別の国の人と出会うことの方が、わたしは多かった。

 

今、わたしがマルタ人男性とデートしてみて、

マルタ人男性って、けっこう交際相手としてアリかもな。って、思ってる。

 

信頼できるし、ジェントルマンだし、

マルタのことを知っているから、案内してもらえたり知識をもらえるし、

車を持ってるし。笑

 

わたしの周りでは、マルタ人男性って、あんまり人気がないんだけど、笑

マルタ人男性。交際相手として、わたしはけっこうオススメします。

if you like this, please share
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA